デジタル製品の進化について〜新旧家電の機能を比較〜

デジカメを手っ取り早く選ぶコツ

デジカメって最近みんな持っていますよね。旅行先とかで撮影して、後で見たり、プリントして配ったりしたら楽しいです。高級品や新機能にこだわりがある人は大きなデジタル一眼とか持ち歩いて楽しそうです。
残念ながらそういう機能的な良さが分らないとかいう人は、諦めて私のように電気屋で行って「一番安いコンパクトタイプのカメラをください。一般的な扱いやすいやつで」と言うと良いと思います。
正直言って、現代日本で度を超えて、ひどい質のものなんてあんまり売っていません。AF(勝手にピントを合わせてくれる機能のこと)と小さいフラッシュがついていれば、あとは押すだけ。フラッシュがでない機能と夜景モードと接写さえ覚えておけば、旅行先で風景と「はい、チーズ」くらいしか撮らないのであれば充分です。
可愛いから小さいからといって、最近流行のトイカメラやスパイ用の扱いにくいのに手を出してはなりません。あれは上級者向けです。素人が手を出しても大抵飽きて使わなくなります。
本当に何もやったことがないのであれば、電気屋で売っている一番安いコンパクトカメラを散々いじくりまわして遊んで、数年経ってそのカメラのAFは意外にすぐ壊れる機能なので、おかしくなってきた頃に次の相棒をどうするか決めるのをおすすめします。
このページを・・・

Copyright (C)2017デジタル製品の進化について〜新旧家電の機能を比較〜.All rights reserved.